ライト・ランプ

車にはヘッドライトやスモールランプなどが搭載されており、この灯火類によって周囲のドライバーや歩行者に対して車の存在や状態を知らせることが出来る仕組みになっています。
車検前にこの灯火類をチェックしておくのも有効です。
道路運送の保安基準によって、灯火類の明るさや色や取り付け位置などが細かく指定されており、車検に通る為には保安基準をクリアしていれば良いということになります。
その為、ドレスアップパーツによって装飾目的で付けた物は外しておくと良いでしょう。
灯火類は近年LEDを使った製品が増えつつあり、消費電力を抑えてくれる効果があります。ビジネス男性07
気をつけることは、色温度や色や照明距離などであり、灯火類によっては保安基準が多項目に設定されていることが多々あります。
前方を照らす物はハイビーム時の距離も重要です。
夜間車を走行させると、ドライバーの視界が昼間よりも制限されてしまうことが多く、その為、ハイビーム距離が基準を満たしている必要があるのです。
レンズ表面に傷やヒビなどがあると、車検を通過することが出来ない確率が高まります。
レンズを補修したり、交換を行なっておくと良いでしょう。
レンズが曇っていたりすると、視認性が悪いと見なされて車検が通らない事がありますので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。