着色フィルムの透過率

ドライバーが安全に車を走行させる為には、定期的に車の点検を行なう車検を行います。
夏場の直射日光による視界の不良を防ぐ為に、フロントガラスや運転席窓ガラスや助手席窓ガラスに貼り付けることが出来る着色フィルムがあります。
しかし、カーフィルムはドライバーが交通状況を把握しにくかったり、第三者から見てドライバーの視線が分からないので、どの方向に進もうとしているのかアイコンタクトが取りにくいなどの弱点があります。
可視光線透過率が70%以下のカーフィルムは整備不良違反と見なされ、罰金の対象となります。ビジネス男性05
カー用品販売店などで販売しているカーフィルムは可視光線透過率が70%以下の物が多いので、購入する際に気をつけるべきでしょう。
検査標章や点検検査済みステッカーなどの指定されたもの以外は基本的にウィンドウに貼り付けるのは禁止されています。
但し、リアウィンドウや後部座席の側面窓には、この規制が適用されません。
車検前には可視光線透過率に気をつけてカーフィルムを貼るか、外しておくと良いです。
また、貼った状態で車検に通れば、問題無く使うことが可能です。
カーフィルムを購入する際には、可視光線透過率が70%以上の物であること、車検に通った物を選択することが大切です。

コメントは受け付けていません。