車検前のチェック項目

車検は国が定めた法定点検と納税を行うもので、この検査をクリアしなければ自動車に乗ることが出来ません。
検査時のチェック項目は色々とあり、素人では分からないことが多いでしょう。
ただ、しっかりとした整備工場であれば、整備記録簿を付けますので、前回の記録簿があればそれを見て比較してみましょう。
前回の項目から走行距離などを参考に部品交換の目安が分かります。
通常の走行距離であれば、前回換えてあるパーツは該当しないため、それを省いて見積もりがしてあるか比較しましょう。
ヘッドライトやランプ類は自分でも確認できるのでしておくと良いです。ビジネス男性08
よくあるトラブルですが、終了後の請求時に費用が見積もりと違い、高く請求されることがあります。
これは、整備している途中で不具合が見つかり、それを修理しなければ検査が通らないと言われるケースで、結果としてお金を請求されるということです。
不明確な整備内容もよくあるケースです。
交換した部品を交換後にお客さんに見せない整備工場も多いです。
安いことを謳った文言で、セールスしている整備工場は、実際の見積もりでは99%高くなるでしょう。
検査項目に関係ない部品の交換を勧める業者には注意しましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。